シアリスなら金曜夜から日曜まで持続
ホーム>病院でのED治療

病院でのED治療

注射

病院でED治療を受ける場合には、まずはED治療薬が処方されます。ただし、病気や服用薬などで、ED治療薬が服用できない方もいます。そのような方には、現在下記のような治療が行われます。

ICI治療

ED治療薬最後の砦とも言われています。陰茎に直接注射をして勃起させます。性的刺激を受けなくても強制的に勃起します。5分から10分で効果が現れ、持続時間はだいたい3時間です。射精後も持続します。注射と言っても髪の毛ほどの太さで、痛みは殆どないとされています。とは言っても、やはり最初は怖いと思う方が殆どのようです。

副作用は殆どなく、98%の方が効果を感じたというデータもありますが、病院で注射をしてもらった後、すぐに帰宅するなどして性交におよばなくてはいけません。医師の指導後、自分で自宅で注射する事も可能です。ただし日本では未承認なので、自己責任となってしまいます。また、感度が大幅に下がってしまうケースもあります。一番のネックは価格です。保険適用外なので、1回につき10000円前後と高額になってしまいます。

ED1000

ED1000

ED1000とは、勃起不全衝撃波治療の事です。衝撃波を直接陰茎にあてることで、血管再生を促し、EDを改善させます。ただし治療の後に性交できた人は44%と低く、もう少し治療成績やデータの蓄積などが必要な治療と言えます。

また、それ以外の問題点はかかる治療期間と費用です。まず、3週間で6回の治療を行い、それから3週間休みます。そして再度3週間で6回の治療を行います。治療には40万円もかかり、高額な治療となってしまいます。費用対効果が十分得られるかどうかは、今のところはっきりしていません。

財布から離れるお金

どちらも、金額面などをはじめ、簡単には決断が難しい治療です。病気などでED治療薬を服用できない場合は上記の治療方法も考える必要がありますが、まずはシアリスなどED治療薬の服用による治療が一般的です。病院へ行っても最初は問診と薬の処方となります。健康に問題のない方なら、今は通販シアリスなどを購入出来るのでそちらがお勧めです。通販の方が安く済み、手間もかかりません。健康に不安のある方や、ED治療薬で効果がなかった方は病院での診察を考えてみましょう。