シアリスなら金曜夜から日曜まで持続
ホーム>EDの原因

EDの原因

不仲な男女

EDは、中高年以降の男性が発症するものとされていましたが、最近は様々な理由により、20代や30代の男性でも発症しています。 原因はどのようなものがあるのでしょうか?

器質性ED

肉体的なものが原因です。加齢、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、血管や神経の障害、陰茎の外傷、前立腺の手術の影響などがあります。喫煙や過度の飲酒も原因となります。朝立ちもなく、自慰でも反応しなくなるというケースが多いです。

心因性ED

後悔する男性

精神的なものが原因で、朝立ちや自慰は可能であるケースが多いです。過去のトラウマ、コンプレックス、極度の緊張、相手との関係、妊娠の為のプレッシャーなど以外に、仕事や家庭、経済的問題、人間関係のストレスなど日常生活に関する事が原因になる場合もあります。これらは現実心因と呼ばれます。この場合は自分で自覚がある為、その部分が改善されれば解消される事が多いです。もうひとつ、深層心因というものがあり、これは幼少期のトラウマ、特殊な性癖、同性愛などで、自分でも気づいていない場合が多く、この場合は原因に解明が時間がかかり、治療が難しい事もあります。

混合性ED

上記の二つが原因となって生じるものです。たとえば糖尿病になってしまいED気味になり、それを気に病むあまり精神的な意味でもEDになってしまうというケースです。現代はこのケースが最も多いと言われています。

薬剤性ED

薬を飲む

服用している薬の副作用で発症します。とくに抗うつ薬に多い副作用です。ただし、日本はEDは命に関わる事ではない為、副作用にEDと記載されていない事も多く、医師や薬剤師ですら完全には把握できていないと言われています。その為、薬の副作用が原因だとは気付いていない方も多く、潜在的な薬剤性EDは多いと考えられています。服用している薬がある方は、ご自分でその薬について詳しく調べてみましょう。

以上のように、様々な原因がありますが、多くの原因に、シアリスなどのED治療薬は大変効果的です。原因が複数絡み合っている場合もありますが、今は通販で簡単に購入する事ができるので、お悩みの方は、一度試してみる事をお勧めします。