シアリスなら金曜夜から日曜まで持続
ホーム>シアリスの注意点

シアリスの注意点

ビール

シアリスは現在世界で最も人気の高いED治療薬ですが、服用の際にはいくつか注意点があります。

副作用

まず、副作用ですが、シアリスは他の薬に比べて少ないとされていますが、頭痛、眩暈、鼻づまり、火照り、動悸、胸焼け、胃のむかつき、下痢などがあります。薬の効果が切れればおさまりますが、長引いたり、あまりにもひどい場合には医師に相談しましょう。

食事やアルコールの影響

また、シアリスは食事の影響は受けにくいとされていますが、全くないわけではありません。食後に服用するのであれば800kcal程度までが良いとされ、空腹時の方が効果が高く得られます。また、持続時間が長いので、食事の2時間ほど前に服用するのも空腹時とほぼ同じ効果が得られます。薬が体に吸収されてしまえば、そのあとは食事の影響を受けないので、デートの場合は家を出る前に服用したとしても、十分間に合うと考えられます。また、アルコールは適度であれば影響はないとされています。しかし飲みすぎには注意しましょう。

服用出来ない方

服用注意

今までにシアリスを服用してアレルギーを起こした事がある方、心血管系障害で医師から性交を控えるように言われた方、不安定狭心症の方、性交中に狭心症を起こした事のある方、3ヶ月以内に心筋梗塞を起こした事のある方、6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血を起こした事のある方、不整脈の方、低血圧の方、高血圧の方、重い肝障害のある方、網膜色素変性症の方は服用できません。それ以外にも病気などがある方は、事前に医師に確認するようにしましょう。併用禁忌薬もあり、ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの薬を服用している方は服用できません。

グレープフルーツに注意

グレープフルーツ

また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースは、副作用を強めてしまうなどの危険があります。できれば服用する前日と、服用して効果が切れるまでは摂取しないようにしましょう。

シアリスの効果

シアリスは勃起を助ける薬なので、何もない状態では勃起しません。性的刺激があって反応があるので、性的刺激がおさまれば勃起もおさまります。催淫効果や性欲を増加させる効果はありません。